標本誤差計算ツール

標本誤差計算機作りました。

確率表記されていないものの結果から実際の確立を計算します。

 

 

標本誤差計算機を作りました。

確率表記されていないものの結果から実際の確立を計算します。

 

 

例:100回ガチャを引いてAアイテムが20個出た場合、考えられる排出設定確率は12~28%

 

 

 

フォームの説明

以下の計算式を埋め込みました

 

標本誤差に関して

2*SQRT(今回の確率*(100-今回の確率)/標本数)

 

真の確率値の存在範囲に関して

IF(今回の確率-標本誤差<0,”0,0″,今回の確率-標本誤差)からIF(今回の確率+標本誤差>100,100,今回の確率+標本誤差)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA