模擬演習のダメージ

模擬演習と報酬

報酬

ダメージによって報酬の数が異なります。

~参考~

ダメージ

獲得宝箱数

1.37T 24個
4.10T 25個
15.0T 26個

 

深い説明は割愛いたしますが、報酬に白色素材選択箱がありますのできっちり毎日こなしましょう

 

報酬について

序盤の報酬に白色素材選択箱が多いのか、完全ランダムなのか計測しておりません。できれば多めのダメージを与えて多めの報酬を貰っておきましょう。

 

時間短縮

適当な兵器(なんでもOK)でスキル発動画面の無い英雄を編成するとスキップを絡めてサクサク勧められます。

 

適当な英雄でも4.1Tや15.0Tダメージは出るよって方は時間短縮も一つの手です

 

補足修正

直近のアップデートでスキル発動中でもスキップできるようになりました

※演習に限らず全て戦報でも同じです

これで心置きなくベスト編成で挑めますね

 

ダメージについて

今回のメインはランキング報酬の無いダメージに関しての説明です。

 

兵種

相手が陸軍扱いですので海軍のダメージが多く出ます。

 

しかし、昨今は兵種問わず発揮する英雄が多く、世界BOSSのようにクリティカルまで付いてくるわけではありません。

 

ご自身のメインでトライした方が高ダメージになるケースが多々見られます。

 

配置

包囲戦術を使うため2兵種は入れますが、配置に気を付けてください

これは陸軍をメインにした配置になります

 

赤丸の位置に別兵種を持って行きましょう!

敵(グランドロード)はここに攻撃してきます

 

目的

以下の画像をみてください(サブの戦報になります)

サブが弱いというのもあると思いますが結構削られているのがお分かりでしょうか?

 

皆様、ご自身の戦報を是非確認してみてください。

実はこの敵(グランドロード)結構強いんです・・・。

 

ベストなメイン兵種の攻撃回数を多くすることがダメージUPのコツになります。

 

つまり、場合によっては3兵種入れた方が削られなくなり結果としてダメージが増える可能性があります

 

部品

世界BOSS設定のメイン兵種以外の『高速砲火』を『命中』に変更で良いです。

 

しかし、先ほども記載しましたが敵は強いです。

ご自身の戦報を確認して削られ過ぎていないか確認しましょう。

 

世界BOSS設定

エレメントダメージについて(世界ボス編)

 

スキル

世界BOSS設定と違い、全クリティカルではありません

『会心ダメ増加』を『会心UP』にすることでダメージUPが見込めます

 

まとめ

①2兵種の右上別兵種が理想

 

②メイン兵種まで削られている場合は別兵種の部品に『装甲強化』『被ダメージ減少』をつける

 

③それでもメイン兵種が削られる場合は3兵種に編成する

 

④まだメイン兵種が削られる場合はメイン兵種にも装甲強化、被ダメージ減少をつける

 

個々の状況により変わりますが①~④を目安にやってみてください

最もダメージが出るものを見つけたら最後に基地スキルを使いましょう!

強化部品の付け方

強化部品の種類

強化部品には色んな種類があります

 

・装甲強化

・武器強化

・ダメージ増加

・高速砲火

・被ダメージ減少

・命中

・照準強化

・会心ダメージ

・機動強化

・強靭

 

実際使う部品は限られます

現在の仕組みでは「機動強化」と「強靭」の適切な使用箇所が見出せません

 

基本設定

 

対人戦セット

 

 

 

世界BOSS・連盟マシンセット

 

 

世界BOSSや、連盟マシンに攻撃した際に兵器が壊れる場合

命中を装甲強化に変更することでダメージが増す可能性もあります

 

高速砲火の重要性

 

対人戦で高速砲火のレベルが低いと非常に辛いです

 

高速砲火とは

・レベルが同じ場合、攻撃を仕掛けた方から1部隊ずつ順番に攻撃をし合います

例:自分→相手→自分→相手

 

・レベルが異なる場合、高速砲火のレベルの高い方が先に全ての部隊が攻撃します。

 その後、高速砲火の低い方の残った部隊が攻撃します

例:相手→相手→相手→自分→自分→自分

 

実際やってみると分かりますが、先に相手の全てのユニットの攻撃を受けると1ターンで瀕死になります

 

その後瀕死部隊が一斉に攻撃したところで大してダメージを与えられません

 

遠征作戦で手に入れた石を使って製造センターで優先的に高速砲火を上げましょう!

 

 

 

専門強化

新制度として専門強化が追加されました