ルーレット考察

ルーレット考察

ルーレットをダイヤPT中に回すというのはビビアミ民にとって基本になりつつあります。

本当に効率的なのでしょうか?

 

結論

橙破片の入手ということでは効率的ですが、特定のSSR破片入手でしたら英雄の帰還をおススメします。

 

 

確率表と計算

・ルーレットは1回の確立で橙破片1.1%です

・注:50回毎に必ず橙破片が手に入る

 

ここに罠が。。。

50回毎に必ず橙破片が手に入る

正:49回外れ続けると必ず50回目に橙破片が手に入る

つまり、途中で橙破片が当たると50回カウントはリセットされます

 

上記を踏まえて計算します

 

※10連の方がダイヤが少なくてすむので10連で計算します。

①10連1回で橙破片が当たる確率:10.47%(168ダイヤ使用)

②10連2回で橙破片が当たる確率:19.84%(336ダイヤ使用)

③10連3回で橙破片が当たる確率:28.23%(504ダイヤ使用)

④10連4回で橙破片が当たる確率:35.75%(672ダイヤ使用)

⑤出現率 1.1 %を 50回の救済で橙破片を手にする確率:57.52%(840ダイヤ使用)

 

この確立にヒットすると再び①からやり直すことになります。

 

※厳密には、10連の途中(例:3つ目)で当たった際は、残り(例:7回)は50回ルールに再カウントスタート

 

このルール全てを踏まえ計算すると、橙破片が当たる平均使用ダイヤは649ダイヤになります。(1枚当たり約325ダイヤ)

 

計算後実際1,963回(2日)の検証をしましたが、ほぼ同一でした。(1破片あたり319ダイヤ)

※最後は50回救済を受けて終了してありますので1日1,000回ではありません。

 

ルーレットがダイヤPTと被っていて両方の恩恵を受けるのは大事ですが、実際の数字を知っておくと良いと思います。

 

まとめ

ルーレットが非常に効率的だったら運営が毎週やるとは思えませんね

 

ダイヤPTを加味するとアリ・・・くらいに考えておいた方が良いです。

しかし、ダイヤPT中はドック拡張など使う箇所は他にもいっぱいあります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA